東京でマンション経営を成功させる5つの鍵
東京でマンション経営を成功させる5つの鍵
東京のマンション経営でもっとも大切なポイントをズバリ!解説
マンション経営を成功させる5つのポイント
オススメ 利益を生み出す!今注目のマンション経営サポート会社はこちら!
HOME » ホントはお得!新築マンション投資のメリット » 実は低い!失敗のリスク

実は低い!失敗のリスク

マンション投資を始めるにあたって気になるリスクについて、新築マンションと中古マンションを比較してみました。

投資マンションのリスク比較!新築VS中古

新築マンションと中古マンションの投資リスクの違いは、次の3点において際立ちます。

空室のリスク

新築マンションは中古マンションよりも空室リスクが低く抑えられます。

借り手の需要のある場所の物件を選ぶことができ、また最新の設備で建物がつくれるため、人気が高く入居者についてもらいやすいのです。

マンション経営で最大のリスクとされる空室リスク。長い間、借り手がつかずに何ヶ月も家賃が入ってこないという状態を防ぐために、物件選び、ひいては投資サポート会社選びは慎重に行いましょう。

耐用年数

新築マンションと中古マンションを比較する際、耐用年数は圧倒的に新築マンションが有利です。

鉄筋コンクリート造のマンションの法定耐用年数は47年。物件の購入価格を耐用年数で割った金額を、毎年経費に含むことができるので、税制上、大きなメリットがあるのです。

購入後の保証

新築マンションは、引き渡しから10年間の瑕疵担保責任が法律によって定められています。

これは、購入した住宅に引渡し後に欠陥(瑕疵)が見つかった場合、売主や施工者が無償で補修し、損害賠償をしなくてはいけないという制度です。新築に対するルールで、中古に対しては適用されません。

これらの3つのポイント以外にも、中古物件でのマンション経営は、新築よりも想定しなくてはいけないリスク、課題が多くなります。

たとえば、新築マンションは、10年程度は大きな修繕が必要になることは少ないといわれます。一方、中古物件を長期保有するとなると、多額の修繕費用を準備する必要があります。

いろいろなリスクを勘案すればするほど、新築マンションへの投資の方が、収支面でのプラス要因が多くみつかるのです。

まかせて安心!オススメの
マンション投資会社3選!

センチュリー21レイシャス

マンション投資会社センチュリー21レイシャスのHP画像

    ★こんな方にオススメ!★
  • お任せで安心経営をしたい方
  • 高水準の利回りで運用したい方
  • 空室率を低く抑えたい方

公式サイトで詳しく>>


シノケンハーモ二ー

マンション投資会社シノケンハーモ二ーのHP画像

    ★こんな方にオススメ!★
  • 頭金無しのローンをしたい方
  • デザイナーズマンションにしたい方
  • 大家業務を任せたい方

公式サイトで詳しく>>


トーシンパートナーズ

マンション投資会社トーシンパートナーズのHP画像

    ★こんな方にオススメ!★
  • 一括借り上対応がいい方
  • 空室率を低く抑えたい方
  • 経営を任せたい方

公式サイトで詳しく>>

 
pagetop
東京でマンション経営を成功させる5つの鍵