東京でマンション経営を成功させる5つの鍵
東京でマンション経営を成功させる5つの鍵
東京のマンション経営でもっとも大切なポイントをズバリ!解説
マンション経営を成功させる5つのポイント
オススメ 利益を生み出す!今注目のマンション経営サポート会社はこちら!
HOME » 東京のマンション経営成功の5か条 » 2、マンション経営のリスクを知る

2、マンション経営のリスクを知る

東京の投資用マンションオーナーやこれからオーナーになる人が知っておくべき、マンション経営のリスクと対処法についてまとめています。

東京のマンション経営の主なリスクと対処法

マンション経営は安定した資産運用ですが、リスクがあることも事前に把握しておくべきです。そこで、考慮しておきたいリスクとその対策について解説していきます。

東京のマンション経営のリスクとは

【入居者の空室リスク】

マンション経営の主なリスクの1つは、入居者の不在です。空室期間は家賃収入がなくなるため、自分でローンを支払うことになります。

入居者の退去は避けられませんが、いかに空室期間を短くするかが重要。マンションの販売業者を選ぶ際に、入居者の斡旋仲介もしてくれる業者を選んでおくのがオススメです。信頼できるパートナーを見つけることが、マンション経営のリスクを回避する大切なポイントでもあります。

【建物の老朽化リスク】

どのような物件でも、経年劣化による老朽化は避けられません。その際、修繕などに多くの費用がかかってしまうと、家賃収益を圧迫してしまいます。老朽化による修繕費用を抑えるためには、適切な修繕計画も含めて、管理がしっかり行き届いたマンションを選んでおくことが重要です。

【物件価格・賃料の下落リスク】

一部の好条件物件をのぞいて、マンションの老朽化とともに、物件価値は下落していきます。マンション経営をする際には、それを想定した上で投資を考える必要があります。物件価格や家賃が下がるリスクをできるだけ回避したいなら、比較的地価の安定したエリアで、立地条件の良い物件を選ぶことが大切です。東京都心の地価が高いエリアは、老朽化による物件価格や家賃の下落幅が小さくなっています。

優良なマンション販売会社・管理会社を選ぶことで、マンション経営のリスクの多くは最小限に防ぐことが可能です。信頼できるパートナーを見つけて、マンション経営を成功させましょう。

マンションの購入と運用にかかる費用

マンション経営には、購入時の初期費用をはじめ、運用費用や、税金などの経費がかかります。こうした必要費用を考慮した上で、投資を考えることが大切です。

初期費用としては、物件の購入価格以外に、登録免許税、司法書士手数料、印紙税、不動産取得税などがかかります。継続して必要となる経費は、固定資産税、減価償却費、物件購入のローン利息です。マンション運用の経費としては、メンテナンスや清掃などの管理費と、修繕積立費が必要となります。

東京の優良マンション投資会社の利回りを比較しました

まかせて安心!オススメの
マンション投資会社3選!

センチュリー21レイシャス

マンション投資会社センチュリー21レイシャスのHP画像

    ★こんな方にオススメ!★
  • お任せで安心経営をしたい方
  • 高水準の利回りで運用したい方
  • 空室率を低く抑えたい方

公式サイトで詳しく>>


シノケンハーモ二ー

マンション投資会社シノケンハーモ二ーのHP画像

    ★こんな方にオススメ!★
  • 頭金無しのローンをしたい方
  • デザイナーズマンションにしたい方
  • 大家業務を任せたい方

公式サイトで詳しく>>


トーシンパートナーズ

マンション投資会社トーシンパートナーズのHP画像

    ★こんな方にオススメ!★
  • 一括借り上対応がいい方
  • 空室率を低く抑えたい方
  • 経営を任せたい方

公式サイトで詳しく>>

 
pagetop
東京でマンション経営を成功させる5つの鍵